フェラーリ.jpg

Honda(ホンダ)世界初の技術

Honda(ホンダ)世界初の技術

「UX-3」(ユーエックススリー)を開発しました。
これは、ひょうたん型の乗り物で
座ったまま進みたい方向に体を傾けると
体重移動をセンサーで感知して360度どの方向でも
移動できるという電動一輪車。


UX-3のすごいのは、360度どの方向にも移動できる
ということ以外にも、
サイズがとても優れていることで
高さ65cm、幅16cm、
重さは10キロ以下、
さらに、走行時の騒音もなく
とてもコンパクトで軽いという優れもの。
なので、簡単に持ち運びができますね。


速さは最大で時速6キロ。
これはだいたい人が歩く速さと同じ速さなので
UX-3に乗った人と並んで歩くことが可能である。



理科系のヒトには
なんで、360度自由に移動可能なのかと
興味を惹かれる人も多いと思います。

実は、車輪に秘密があるみたいで、
大型車輪と小型車輪を組み合わせることによって
可能になったのだとか、、、
前後には大型車輪が活躍し、
左右には小型車輪が活躍することで
ななめ方向にも進めるということだそうだ。



実用性についてはどうなのか?
と気になりますよね。

残念なことに
今のところ実用化のめどがたっていないそうだ。

ぜひ、早いとこ実用化されてほしいですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。