フェラーリ.jpg

ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ
普及率が増えてきてますよね。

ランフラットタイヤ(Run flat tire)は
タイヤがパンクしてしまった後、
だいたい100kmくらいそのまま走れます。

というのは、
危険なところや交通量の多いところなどで車をとめて
タイヤの交換をしなくていいんです。

値段は少し高いですが、環境にもいいんですよ。
車が廃車になってしまうと、
その車につんであるスペアタイヤは使われてなくても廃棄されます。
それは、環境問題に大きく影響を及ぼしています。
ランフラットタイヤの採用で、
スペアタイヤが不要になり、
環境にもいいし、トランクも広くなるし、車の重量も軽くなる。
いいことだらけですね。

とも言いきれないんです…
まだ技術的に発展途上なので、
普通のタイヤに比べて少し乗り心地が劣ってます。
パンクの修理ができないので、
ホイールごとの交換になってしまいます。


それでもやっぱりランフラットタイヤがいいということで、
徐々に普及してます。

おもなランフラットタイヤ

・ブリジストン(Bridge stone)
・横浜ゴム
・ピレリ(pirelli)の「eufori@(ユーフォリア)」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。