フェラーリ.jpg

自動車リサイクル法とは?

自動車リサイクル法とは?

乗らなくなった車を解体するときに、
回収することや再利用するのが難しいもの
(例えば、シュレッダーダストやフロン類やエアバックなど。)
をユーザーが負担し、自動車メーカーの
責任で処理するというものです。


車を解体する最後の過程で、
リサイクルできないものを粉砕して、
生じる産業廃棄物を埋める最終処分場の余裕が
かなり減っているので、
リサイクル法は、
シュレッダーダストを適正に処理することや
リサイクルを推進することといったことを目的に
誕生したんだそうです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。