フェラーリ.jpg

中古車の情報を収集する

中古車の情報を収集する

中古車を買うまえに、
情報をできるだけ多く集めて、
集まった情報の中で比較して
比較して、、、、

インターネットで調べてみる。
中古車を買おうとする人ってたいてい
安さを重視する人が多いですよね。

でも安さだけじゃないのが現実。
走行距離や状態もやはり気になるところです。
あと車検なんかも、、、

買うって
踏み切る前に、
もう少したくさん中古車情報を収集することで、
買おうと思ってた中古車よりも
条件のいい車が見つかるかもしれないし。
一度チェックしたお店やサイトでも
まめにチェックすることをおすすめします。
中古車がはいってきてるかもしれないですからね。

下取りはあり?

下取りはあり?

中古車を新しく買うときや、
車を買い替えるとき、
以前は、車の購入先で下取りしてもらうのが
一般的だったんですが、

今は、
買取専門店や中古車販売店に売却することができるから、
より高額な査定を期待できる方法が増えています。
インターネットで、買取り査定を行ってくれるサービスもあったりで、
自分にあった方法を選べます。

どこが一番高く買い取ってくれるかを調べてから、
売るってのも手ですよね。

自動車リサイクル法とは?

自動車リサイクル法とは?

乗らなくなった車を解体するときに、
回収することや再利用するのが難しいもの
(例えば、シュレッダーダストやフロン類やエアバックなど。)
をユーザーが負担し、自動車メーカーの
責任で処理するというものです。


車を解体する最後の過程で、
リサイクルできないものを粉砕して、
生じる産業廃棄物を埋める最終処分場の余裕が
かなり減っているので、
リサイクル法は、
シュレッダーダストを適正に処理することや
リサイクルを推進することといったことを目的に
誕生したんだそうです。

修復歴車とは

修復歴車とは。

中古車を買うときに気になりますよね。

自動車公正取引協議会が
定めた9個のポイントに関して、
交換や修正を行った車のことを言います。

事故だけではなくて、この9個のポイントを
修復した車は、「修復歴あり」と判断されます。

事故車とは違います。
事故にあってなくてもこのポイントを交換した車は、
修復歴車になります。


っで、気になる9ポイントとは
1、フロントクロスメンバー
2、ラジエターコアサポート交換
3、フロントサイドパネル
4、ダッシュパネル
5、フレーム
6、ピラー
7、ルームフロアーパネル
8、トランクフロアパネル
9、ルーフパネル


ちなみに、
中古車はキズやへこみをキレイに直すことは、
商品化といいます。
これは、当たり前の作業となっていますね。

中古車のお店選び

中古車のお店選び。

車選びはお店選びだと言われるほど、重要なことです。
中古車店次第で、中古車を購入後のカーライフに
大きな影響を及ぼします。
アフターサービスなんかも十分でないと、
困りますよね。

中古車といえども、車は高い買い物ですよね。
だから、しっかり選びたいですよね。

っで、
中古車店を選ぶときに
お店の規模だけで選ぶのはNG!!
スタッフの対応もかなり重要なとこです。

中古車を買ったあとも、
頼れるとこだと安心ですね。

中古車検索の注意点

最近では、インターネットでの中古車買取や中古車販売が
多くなってますよね。
オークションなんかもされていますよね。

ですが、
中古車を選ぶときの、チェックするべきところがあります。

インターネット上の写真や情報からだけでは、
足りない部分が結構あります。
買った後からでは、
トラブルになりかねませんね。

やはり買うのは、中古実物を見てからですね。

インターネットで中古車を検索して、
そのあとで実物のチェックをして気に入れば購入というのが
ベストなんではないでしょうか。

中古車検索について

中古車のチェックについて
タグ:中古車

中古車 試乗

check!! (試乗)

いよいよ最終チェック!!
ブレーキとアクセルを踏んだ感触が変なとき、
とくにブレーキペダルの感触がスカスカのときは要注意!


シフトをNからDにいれてみて極端に遅いとき注意!
シフトのつながりが悪いと内部のクラッチなどがすり減っているので、
注意が必要ですね。
ATは基本的に交換となり、費用が高い〜。


MT車で、クラッチペダルの遊びが少ないときは交換が近いので注意。
半クラッチ時に車体やペダルがガタガタ振動するときは
クラッチがすり減っている可能性があるので要注意。

試乗では、車から出る音に一番注意したいですね。


中古車 エンジン

check!! (エンジン)

走行距離が多い車、気になりますよね。
タイミングベルト交換済みかどうか確認しましょう。
走行距離10km前後付近の車は伸びやすくなっていることがあるし、
切れてしまうとかなり高くつくので要注意。

冷却水の色は普通は緑とか赤のようですが、
冷却水が白濁してるときは注意。
オイルが混入してる可能性があります。
店頭では、ラジエイターのキャップをはずして確認したほうが良いですね。

ベルトを押してみましょう。
張りがないときは注意が必要です。
寿命が近くなるとひび割れが発生したりします。


中古車 内装

check!! (内装)


やっぱり一番心配なのはエアコンですよね。
ガス漏れを放っておくとオイルもなくなります。コンプレッサーまで壊れてしまいます…
コンプレッサーの交換になると費用が高額に…
エアコン全開にしてみてききが悪いときは注意が必要ですね!


におい気になりますよね。
一度つくとなかなかとれないですよね…
動物やタバコとか…
カビ臭いのには注意!
雨漏りした車とか
雨漏りが原因で配線がショートしたり、電気の通りが悪くなったり…
雨漏りって箇所を特定するのに時間がかかってで、修理費も高いみたいだからいやですよね。


整備記録簿!!
があれば整備の記録がわかって安心ですよね。
記録を確認して、どこに注意をすればよいかなんかがわかりますね。


中古車 外装

check!! (外装)

まず、ボディは離れたところから塗装や全体のバランスを観察!!

フロントガラスのひびは少しでもあるとダメ!!
走ってるうちにだんだん大きくなっていくし…
それにガラスを交換してもらうのにかかる金額が高い…

ヘッドライトの極端なくもりに注意!
ヘッドライトには湿気抜き用の穴があいているけど、
逆にその穴から湿気が入ってくることがあるから要注意。
多少のくもりは大丈夫なメーカーもあるみたいですけど、
ショートの可能性や熱害でレンズが割れることがあるので注意。
安価なので早めに交換を…


タイヤの編摩耗。
原因は車高の変化などで、調整は手軽にできて安価なので早めに。

ローター面を触ってつめが掛かるときは注意!
ローターを交換すると費用が高くなってしまうが、ローター研磨だけなら
半額くらいで同じくらいの効果があるそうですよ。お得ですね。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。