フェラーリ.jpg

ガソリンの値段がどんどん下がって

ガソリンの値段がどんどん下がって
下がって下がって
とうとうリッター90円だいまでに。

冬の休みを目前にこの値下この値下がり…

ガソリンの値段が下がったのをいいことに
雪山にスキー、スノボをしに行くのもいいですね。

でも雪山に行く際には、
タイヤが滑らないように注意が必要ですね。

ヨコハマやダンロップなどので
バッチリ、スタッドレスタイヤを仕入れてから行くのがいいですね。

ハイブリッドミニバン専用タイヤトランパスNe(トーヨー)

Toyo(トーヨー)

トランパスNe

 ついにトーヨーがハイブリッドミニバン専用タイヤを
 だしました。
 
 燃費がよいことをテーマに、
 転がり抵抗を従来品から13%も低減させています。
 運動性能から見てもミニバンにマッチしていると思います。

ミニバンユーザーには、おすすめです。

ストリート系スポーティタイヤ

Toyo(トーヨー)

DRB

 ストリート系スポーティタイヤということでうられるこのタイヤ。
 「ガルウィングDRBパターン」は
 排水、グリップ、静粛性のバランスがとれたタイヤです。
 さらに軽量化されているので、
 軽快な走りが楽しめます。
 
 50km/h以下くらいで走っているときは、
 なめらかな走りができます。
 価格も比較的安いので、おすすめです。

 

ノイズ抑えタイヤイーグルLS2000(グッドイヤー)

Goodyear(グッドイヤー)

イーグルLS2000 ハイブリッドU

 バリエーション豊富なこのタイヤ。
 特殊防振ゴムを内部にはさむことによって、
 静かさと乗り心地をアップさせています。
 トレッドゴムの採用することで、
 摩耗に強くなり長持ちします。

 ノイズが気になってる人におすすめです。

ハイグリップタイヤイーグルRSスポーツ(グッドイヤー)

Goodyear(グッドイヤー

イーグルRSスポーツ

 グッドイヤーのスーパーグリップタイヤです。
 グリップ性能が高いだけではなくて、
 シャープな操縦性も持ち合わせているタイヤです。
 非常にコントロールが自由自在なタイヤの印象が
 あるタイヤです。

 スポーツカーを自在に運転したい人に
 おすすめのタイヤです。

ミニバンにおすすめタイヤ(グッドイヤー)

Goodyear(グッドイヤー

イーグルRV-S

 接地面の拡大や、高剛性ショルダーブロックの採用により
 ミニバン専用のタイヤながら爽快な走りができます。
 
 二層トレッド制振ゴムの搭載で、
 静かさと乗り心地にも配慮されています。
 さらに長持ちします。
 ほかに比べて価格もお手頃です。
 
 ミニバンにおすすめのタイヤです。

世界のスーパースポーツ御用達タイヤ

Michelin(ミシュラン

パイロットスポーツPS2

 世界のスーパースポーツも御用達のこのタイヤ。
 さらにサイズが追加されました。
 バリアブル・コンタクト・パッチという構造によって、
 コーナリング時に接地面積が広くなり、
 車が安定します。

 ベンツ、アウディ、BMW、レクサス、スカイラインなど
 におすすめなタイヤです。

バランスタイヤプレマシーHP(ミシュラン)

Michelin(ミシュラン)

プレマシーHP

 このタイヤは、トータルのバランスがとても良いです。
 接地面が広く、ウェットにも安定した走りができます。
 
 左右非対称パターンを採用することで、
 グリップのよさと長く使えることにやくだっています。

 ハイパフォーマンスタイヤのお手本のようなタイヤで、
 300馬力クラスの車を走らせるのに
 ちょうどよいんではないでしょうか。
 メルセデス・ベンツBMW、アウディなんかにもおすすめです

ミシュランNewスポーツタイヤ

Michelin(ミシュラン)

ラティチュードスポーツ

 ミシュランのNewタイヤです。
 SUV(Sport Utility Vehicle (スポーツ・ユーティリティ・ビークル))に
 対応する新モデル。
 ハンドリング、ウェット性能が高いです。
 内部構造を見直して、
 遠心力などのよる接地を安定化させている。

 

環境にもいいタイヤエナセーブ97(ダンロップ)

DUNLOP(ダンロップ)

エナセーブ97
 
 エコタイヤのタイヤのところでも少し
 おすすめしたようにこのタイヤ、エコタイヤです。

 97%が石油外資源タイヤなんです。
 製造、使用、廃棄、タイヤの最初から最後までをとしての
 CO2(二酸化炭素)を削減することを目的として作られたタイヤなので、
 環境にはやさしいです。
 それに、転がり抵抗を35%低減されています。
 
 スポーツカーなんかにもマッチしておすすめです。

静かタイヤビューロVE302(ダンロップ)

DUNROP(ダンロップ)

ビューロ VE302
 
 このタイヤは、吸音スポンジをタイヤの裏側に
 貼り付けることで空洞共鳴音をかなり減らしています。
 気をつけて聞かないと聞こえないくらい静かな走りができます。
 特に高速なんかの路面のジョイント(つなぎめ)の上を
 通るときなんかに、「あ、静かだ」って思いますよ。
 
 タイヤが基本的に柔らかいもので、
 グリップレベルはあまり高くはないので、
 スポーティーな走りには向いてないと思います。

 

安定タイヤ、ブリジストンPV PRV-1

BridgeStone(ブリジストン)

NEWプライズ RV PRV-1
ミニバンで、操縦性よりも安心感を
 重視する人におすすめのタイヤです。
 タイヤのin側とout側が非対称で、
 接地するときに安定していて、
 まっすぐ走りやすく楽に運転できます。
 ハンドルの修正や車の横ブレが少なく、
 転がり抵抗も低減されています。
 

ノイズ抑えて快適タイヤレグノGR-9000

BridgeStone(ブリジストン)

レグノ GR-9000

静かさと乗り心地にこだわったこのタイヤ
 トレッド下部には、吸音材を配していて接地時の
 騒音を抑えています。
 
 先代のレグノもノイズ(騒音)に配慮されていて、
 十分に静かだったのだが、
 GR-9000は、さらにノイズを抑えています。
 特に高速などで車のスピードがあがったとき
 静かであることがよくわかります。

 
 国産の高級車や、ベンツ、アウディ、BMWなどの
 車によくマッチしておすすめです。

省燃費タイヤDNA アースワン

YOKOHAMA(ヨコハマタイヤ

DNA EARTH1(アースワン)
 
 エコタイヤの記事でもおすすめしたこのタイヤ
 走行性を犠牲にしていないし、とても燃費のいいタイヤなんです。
 
 超燃費タイヤということだが、
 グリップの性能もよく、
 ハイペースなドライブが楽しめます。

 ドライ、ウェット、乗り心地、どれもハイレベル。
 ワイドなサイズ展開も魅力的だし、
 装着しやすいという利点もあります。

 
 中小型セダン、2ボックス。
 運転スタイルを変えずに燃費をよくしたい人におすすめなタイヤです。

Newタイヤエコピア(ブリジストン)

BRIDGESTONE(ブリジストン)
 
エコピア EP100

 四月に発売予定のNewタイヤです。
 ブリジストンの中間グレードタイヤよりも
 転がり抵抗が30%低減されています。
 コンパウンド(タイヤに使用されるゴム)内部の
 カーボンが分散して、カーボン動詞の擦れによる
 無駄な発熱を抑えることで、
 エネルギーのロスを減らしています。
 
 濡れた路面でもしっかりと効くウェットグリップで、
 安全もエコも!!
 

ブリジストンのスポーツタイヤ

ポテンザRE−11

 
 ブリジストンのトップスポーツモデルタイヤで、
 タイヤのin側とout側が非対称の形状を採用してあります。
 コーナリングのときでも、トレッド面(接地面)を
 広く接地させてハイグリップを発生させます。
 

 スバルのインプレッサ、三菱のランエボ(ランエボリューション)、
 マツダのロードスター、日産のフェアディZ(FAIRLADY Z)通称Z、
 などのスポーツカーにおすすめです。

XL(エクストラロード)規格の表記に注目。

XL(エクストラロード)規格の表記に注目。

というのは、
近頃増えているXL(RFD)の表記。
タイヤの構造を強化することで、
空気圧を従来のタイヤよりも高く充填できるし、
負荷能力も高くできるモデル。


ポイントは、タイヤのサイズを変更したとき
従来のタイヤのサイズと比べて
荷重不足になることがあります。

この場合、
空気圧を高めることができる強化タイヤによって
荷重不足を補うことが、
XL(RFD)タイヤの役目なのです。

車のタイヤもエコの時代

最近注目をあびているエコタイヤ

エコタイヤというのは、
抵抗を徹底的に意識したタイヤ

摩擦を少なくすることで、
燃費がよくなり、タイヤが長持ちします。

グリップも強いという特徴があります。

しかも、再生可能な素材が使われていて、
化石燃料の使用を抑えて、
環境への配慮もされています。


おすすめエコタイヤ
・DUNROP(ダンロップ)の「デジタイヤECO EC201」
  このタイヤは「環境」「快適」「安全」の
  三つの性能が追求されたタイヤで、
  「省エネゴム」を採用している。

・DUNROP(ダンロップ)の「ENASAVE97」
  このタイヤは、天然ゴム、合成ゴム、シリカなどの
  石油外天然資源比が97%に達しているタイヤです。

・ヨコハマタイヤ「DNA EARTH1」
このタイヤは、オレンジオイル配合で
  転がり抵抗を低減させている。

ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ
普及率が増えてきてますよね。

ランフラットタイヤ(Run flat tire)は
タイヤがパンクしてしまった後、
だいたい100kmくらいそのまま走れます。

というのは、
危険なところや交通量の多いところなどで車をとめて
タイヤの交換をしなくていいんです。

値段は少し高いですが、環境にもいいんですよ。
車が廃車になってしまうと、
その車につんであるスペアタイヤは使われてなくても廃棄されます。
それは、環境問題に大きく影響を及ぼしています。
ランフラットタイヤの採用で、
スペアタイヤが不要になり、
環境にもいいし、トランクも広くなるし、車の重量も軽くなる。
いいことだらけですね。

とも言いきれないんです…
まだ技術的に発展途上なので、
普通のタイヤに比べて少し乗り心地が劣ってます。
パンクの修理ができないので、
ホイールごとの交換になってしまいます。


それでもやっぱりランフラットタイヤがいいということで、
徐々に普及してます。

おもなランフラットタイヤ

・ブリジストン(Bridge stone)
・横浜ゴム
・ピレリ(pirelli)の「eufori@(ユーフォリア)」

ハイパフォーマンスタイヤ「P ZERO」

タイヤ(PIRELLIピレリ)

P ZERO」は非対称を最新モデルでも採用しています。

P ZEROはフェラーリ、ラボルギーニ、マセラティなどの高性能高級車を
ターゲットにして作られたタイヤなんです。

グリップが強力で、370km/hを保証する超高速走行性能が特徴的です。

P ZEROは、柔軟性の高いナイロンコードと
強度の強いアラミドコードを
使用して開発されていているため、
乗り心地と接地性の良さを両立されています。

段差や道路のつなぎ目を乗り越えた後も、
振動が尾を引かず、なめらかに走行できます。


P ZEROの種類

P ZERO DORAGON …ホイール径14〜19 タイヤ幅175〜275

P ZEROROSSO …ホイール径16〜20 タイヤ幅205〜345

P ZERO NERO …ホイール径16〜24 タイヤ幅195〜315

P ZERO SYSTEM …ホイール径15〜20 タイヤ幅205〜345
タグ:タイヤ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。