フェラーリ.jpg

自動車取得税

自動車取得税

取得価格とは販売表示価格ではなく、
課税標準基準に基づいて算出された価格です。
車の販売店に一覧表があると思いますので、
ぜひ、チェックしてみて下さい。

乗用車は取引価格の5%、
軽自動車や営業用自動車は3%の納税額です。

取引価格が50万円以下の車は
免税されます。

自動車重量税

自動車重量税

国税で、その名の通り、
車の重量に対して課税される税金です。

500kg刻みで、課税額がかわります。
車の重量の数値は、
重要になってくるので要注意です。

新車の登録や車検のときに車検期間分を
前払いすることになっています。
車検残の中古車の場合は払う必要はないです。

自賠責保険

自賠責保険

これは、絶対入らないといけません。
法律で定められた自動車損害賠償責任保険です。

車の所有者、または使用者に加入が義務づけられています。
入ってないと車検を受けることができません。

対人賠償を補償するもので、
限度額は、3000万円。

車検残の中古車の場合は、
一般的には自賠責保険未経過分相当を販売店に払います。

自動車税

自動車税

おなじみなかんじですよね。

車の排気量に応じて税率が変わる、都道府県の税金です。
年度の途中に車を購入した場合は、
登録した翌月から年度末までの金額を納税する。

同じ都道府県内での売買の場合は、
新しいユーザーに納税の必要はないですが、
販売店に年度末までの未経過相当分を払うのが
一般的です。

自動車の税と保険料

自動車の税と保険料


中古車に限らず、
車を購入するまえに知っておきたいですよね。

中古車購入時には、いろいろお金がかかりますよね。

諸費用は中古車店によりますが、
税金や保険料は、
基本的にはどこの中古車店でもかわらないです。

注意したいのは、
購入する時期によって支払額もかわってくるということです。
意外と知らない人もいるので要チェックですね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。